水漏れ修理が必要になる台所の設備一覧

台所を要チェック!水漏れ箇所の特定が最良の対策

台所周りの構造を把握する

女性作業員

台所で水道トラブルが起きた場合、原因を特定する必要があります。そのためには台所の水回りの構造を把握しておきましょう。ここでは構造や原因をご紹介します。

台所周りの設備・構造

蛇口
台所の蛇口は細かな部品で構成されています。給水管からの水圧を押さえつけるケレップがあります。もし蛇口を閉めても水漏れが起きる場合、このケレップが劣化している可能性があります。ちなみに蛇口の寿命は10年といわれているので、この時期に近づいていて何らかのトラブルが発生しているようであれば、蛇口そのものを交換したほうがいいでしょう。
排水口
蛇口と比較して、排水口の構造はいたってシンプルです。表面にふたがあり、ごみを受け止めるためのバスケットがあります。そして配管パイプの入り口にはトラップがあって、悪臭や害虫の逆流を防御しています。もしバスケットにごみなどがたまっていると、スムーズに水が流れなくなります。水道の利用頻度が少ないとトラップ内の封水がなくなって、悪臭や害虫の逆流が起きる恐れも高まります。
シンク
シンク下を見てみると、ホースや管などが通っているでしょう。この部分で水漏れが起きた場合、パイプの破損や接続部分のゆるみが考えられます。シンク下は収納スペースになっていることが多く、台所用品とホースなどがぶつかることによって傷ついてしまうからです。素人がシンク下の水漏れに対処するのは難しいので、水漏れ修理の専門業者に依頼するのが無難です。

台所の水漏れ被害に遭った人の体験談

水が垂れている音は聞こえるも直接的な原因は自分ではわかりませんでした(30代/女性)

台所の床が湿っていたので、水漏れが発生しているのではないかと思いました。でも何が原因なのかわからず、対策のしようがありませんでした。そこで水漏れ修理業者にお願いして、現地調査を実施してもらいました。その結果、配水管が傷ついていて、そこから水漏れの起きていることがわかりました。早急に修繕してもらったので、大変ありがたかったです。

水漏れは素人がチェックしてもどこで起きているのか特定できない場合が多いです。ですから水漏れを感じたら、水漏れ修理業者に問い合わせるのがベストです。  

TOPボタン
台所の構造を確認|台所で起こりやすいトラブルは水漏れ修理業者が解決してくれる